茅ヶ崎市の葬儀における礼式

茅ヶ崎市での葬儀社選び

茅ヶ崎市での葬儀社選びの写真

先に相談しておくと、葬儀の契約を勧められたときに断れないのではないかと不安に思う人もいるでしょう。

しかし、葬儀社も複数の葬儀社を比較するのは「当たり前」と考えていますので、全てを比較してから決めるつもりであることを明確にしておけば全く問題ありません。日中は仕事で忙しくて夕方しか空いていないという方でも、葬儀社が提供している事前相談の方法は様々です。事前相談の際には、いつ連絡しても質問に答えてくれるプロの相談員がいる葬儀社を選ぶことが大切です。プロのコンサルタントの質は、電話や書類、メールの質で判断することができます。電話やメールでの相談には対応しているが、亡くなる前にスタッフと直接顔を合わせることができない葬儀社は要注意です。葬儀社の担当者と面談して相談できなければ、葬儀の内容を最終的に決めてからでないと、誰が担当するのかわからなくなってしまいます。葬儀社を決める前に、時間や状況が許す限り、担当者と顔を合わせて相談できる「本人」との対面相談に行きましょう。葬儀社を代表してお客様と接する代表者の人柄、対応力、細やかな気配りが、葬儀社の全てを物語っています。葬儀社との最初の相談は、お別れの時まで安心感を与えてくれます。条件を満たしている葬儀社をいくつかに絞り込んだら、見積もりを作成してもらうことができます。葬儀社では、電話、オンライン、メール、対面など様々な方法で見積もりや質問を受け付けています。自分に合った方法で連絡を取ることができます。この時点で、葬儀社にも同じ条件でお願いしなければなりません。上記の葬儀社を絞る6つの項目については、ある程度の判断をしておく必要があります。例:「家族葬で10人が出席し、葬儀会場は四つの森火葬場」。なぜ複数の葬儀社から見積もりを取るべきなのかというと、葬儀社ごとに含まれる項目が違うからです。葬儀社によって、食事や返礼品、火葬の際の葬儀場・葬儀場・火葬場の使用料などの見積もりが異なります。葬儀社によっては、「総費用を安く見せるため」に見積もりの項目を少なく追加しているところもあります。そのため、複数の葬儀社に見積もりを依頼し、提示された見積もりが自分の考えている葬儀にマッチしているかどうかを確認しておきましょう。どこを比較していいかわからない場合は、各葬儀社に問い合わせてみると、他の葬儀社との違いを説明してくれます。葬儀社が説明できない場合は、見込み客のリストから外しましょう。