茅ヶ崎市の葬儀における礼式

茅ヶ崎市の葬儀の流れ

茅ヶ崎市の葬儀の流れの写真

葬儀で司会をする機会は滅多にありません。

死は突然やってくることが多いので、いざという時に慌てないように大まかな流れを知っておくことが大切です。ここでは、家族や親族が亡くなってから葬儀を行うまでの一般的な流れをご紹介します。故人が亡くなった直後から葬儀の準備が始まります。葬儀屋さんに助けてもらうこともできますが、事前にプロセスを知っておくことで、落ち着いて準備をすることができます。病院で死亡した場合は、医師が死亡診断書を発行し、遺体は看護師や行商人による天使のようなケアを受けた後、自宅などに引き取られます。自宅で死亡した場合は、かかりつけ医や救急車で病院に搬送され、死亡確認後に死亡診断書が発行されます。葬儀社やお寺には、それぞれの少しの時間内に連絡しておきましょう。遺体を自宅に搬送した後は、枕カバーに入れて通夜まで安静にします。僧侶のお祈りの時に葬儀社と打ち合わせをして、死亡診断書を渡して、葬儀社が事務処理をしてくれるようにしましょう。ご遺体は僧侶の立会いのもと、大切な人と一緒に棺に納められ、寝台車で葬儀場に運ばれます。お通夜は通常、亡くなった翌日に行われます。司祭が聖典を読み上げた後、遺族、親族、参列者が順番に焼香していきます。ほとんどの場合、神父さんが説教の後、遺族の挨拶、通夜を行うことになります。通夜後は、ご遺族や近親者が葬儀場に残り、故人と一緒に一夜を過ごすことになります。通夜の翌日には葬儀が行われ、各宗派ごとに定められた、尊師の朗読、弔辞や弔電の紹介、焼香などが行われます。喪主や遺族は参列者に感謝の気持ちを伝え、式の終了後は埋葬のための出棺の準備をします。棺の蓋が開き、一人ずつ供花を棺に入れながらお別れの挨拶をします。その後、蓋を閉めて棺桶を封印します。遺体は寝台車に乗せられ、火葬場まで運転され、火葬場の前で唱えた後、神父さんによって火葬されます。火葬作業には1~2時間程度かかります。故人との思い出を共有しながら、待合室で待ちます。火葬後、火葬場から故人の遺骨を集めて骨壷に納めます。献身的な礼拝は通常、遺体を引き上げた後に行われますが、場合によっては火葬の際に行われることもあります。葬儀に参列された方は、通常、お返しとして受け取った金額の半額に相当する品物をお渡しします。場所によっては、早期法要として葬儀終了の7日前に法要を行うこともあります。死亡から葬儀終了までの一般的な流れは以上です。