茅ヶ崎市の葬儀における礼式

茅ヶ崎市の葬儀の作法

茅ヶ崎市の葬儀の作法の写真

家族葬を行う家族が増えてきていますが、親族の中には、自分の大切な人のために別々の葬儀を行うことを理解していない人もいます。

家族葬をする理由を事前に説明しておくと理解してもらいやすくなります。また、家族葬に招待していない親族がいる場合、葬儀後に「なぜ招待しなかったのか」と聞かれることがあります。その際には、家族葬の概念がどのようなものなのかを説明して納得してもらうことも大切です。自宅葬の連絡方法としては、電話や死亡通知で出席者に連絡する方法が一般的です。死はできるだけ早く、すぐに伝えなければなりません。家族葬の日程や場所については、葬儀社との打ち合わせを経て連絡します。葬儀社との打ち合わせ後、家族葬の日時や場所が決まったら、再度参列者に連絡しましょう。現在では、メールやFAXで招待状を送るのが一般的になっています。その際には、お香典やお花の受け取りを辞退していることも伝えておきましょう。家族葬への出席を辞退する場合は、出席できない旨を記載しましょう。この点がはっきりしていないと、相手も躊躇してしまうかもしれません。失礼にならないように、断る理由も伝えましょう。故人や故人の遺族のみで葬儀を行うことを明確にしておけば、故人の近親者のみで葬儀を行うことを納得してもらうことができます。例えば、「お通夜やお葬式は近親者のみが行うので、ご家族でのお参りはご遠慮ください」というような簡単な文言です。参列させたくない人は、事前に葬儀の連絡をせず、葬儀が終わってから報告することも珍しくありません。家族葬の結納で故人に寄り添ってくれたことを示すために、故人が亡くなったことを知らせたい人には、はがきなどのお知らせを送るのがマナーです。家族葬に招かれなかった人への思いやりを持つこと。これは、家族葬に招かれなかった人の中には、あれだけお世話になった故人と最期にお別れをしたいと考える人がいるからです。年末が近い場合は、年賀状の喪中はがきでも代用できます。ハガキの後、家族葬に招かれなかった人が、ご自宅に故人をお見舞いに来ることがありますが、その際には、お見舞いに来ていただいた方の中には、お見舞いに来ていない方もいるかもしれません。その場合は、お悔やみのお礼をして、故人を偲んでもらうようにしましょう。不意のお悔やみに備えて、家族で簡単なおやつなどを用意しておくことを提案しましょう。